R0025530

  • 「インテリアプランナー資格制度」は、インテリア設計等に係る知識や技術・技能に習熟した者に社会的な光を当て、インテリア設計業務を職種として確立することで、インテリア設計の質の維持・向上を図るという社会的要請のもとに、昭和62年度に創設され、平成12年度まで国土交通大臣が認定する事業として、公益財団法人 建築技術教育普及センターが実施してきました。
  • インテリアプランナーの登録の有効期間は5年間で、登録者は、登録の有効期間満了前 に当センターが実施する「更新講習」を修了し、「更新の登録」を受けなければ登録が抹消されます。
  • 平成28年度からインテリアプランナー資格制度が変更になり、更新講習・更新の登録・再登録についても、一部変更されています。

(変更された点)
(1) 旧制度の再登録は、登録有効期間の満了したことにより登録が抹消された日から1年以内に限られていましたが、センターが実施する再登録のための講習(以下「再登録講習」という。)を修了することにより、1年を過ぎても再登録を受けることができるようになります。
(2) 手数料が引き下げられます。
・インテリアプランナー更新講習と更新の登録の合計 21,600円(うち消費税額1,600円)
・インテリアプランナー再登録講習と再登録の合計  21,600円(うち消費税額1,600円)
[従前の上記手数料の金額いずれも 30,240円(うち消費税額2,240円)]

  • 更新講習の実施方式には、従前と変わらず会場で講習を受講する「講義方式」と各自が自宅等でテキストにより学習を行う「自習方式」があります。更新講習の対象となる方々の都合に応じて、2種類の方式のうちから一つを選択することができます。
  • 平成28年の「更新講習」及び「更新の登録(再登録)」については、次の方が対象となります。
    (1) 平成23年に登録を受けた方(登録の有効期間が平成28年9月30日まで)
    (2) 平成23年の更新講習を修了し更新の登録を受けた方(登録の有効期間が平成28年9月30日まで)
    (3) 平成23年の更新講習の対象者で、「再登録」を受けた方(登録の有効期間が平成28年9月30日まで)
  • 平成28年の「更新講習」は「再登録講習」としても実施しますので、登録有効期間が満了し登録を抹消された方(登録有効期間が平成27年9月30日以前までの方で更新講習を修了していない方)でも、平成28年の「更新講習」を修了し、申請を行い、欠格事由に該当しなければ、「再登録」を受けることができます。
  • インテリアプランナー資格の更新の登録又は再登録をするためには、事務処理上、「更新講習(再登録講習)申込」と「更新の登録」又は「再登録」を同時に行うこととしています。